ダイワリールインプレ

【19セルテートLT3000-CXH】徹底インプレ!ステラにヴァンキッシュのローターがついたような素晴らしさでした。

今更ながらですが、19セルテートLT3000-CXHを購入しました。
視聴者さんからの買ってほしいとの声が非常に多かったモデルです。

色々情報をみると、なかなかに評価が高いモデルで使うのが楽しみでした。
アルミモノコックボディでダイワ最強の堅牢モデル。そこにエアローターが組み合わさって、唯一無二のスペックを誇るモデルです。
素晴らしいぃっ!

ちなみに買った経緯はこちら↓

 

動画でもインプレしてますので、こちらもどうぞ↓

 

【19セルテートLT3000-CXHの主な特徴】
アルミモノコックボディ。
ザイオン(樹脂)ローター。
自重210g。
キャパ PE1号 200m。

【19セルテートLT3000-CXH】徹底インプレ!ステラにヴァンキッシュのローターがついたような素晴らしさでした。

まずはじっくり見てくれ。

全体。

ドラグノブ。
ここは安っぽい。


スプールエッジ。


スプールデザイン。


スプール内部とシャフトにある金属、プラスチックパーツをベアリングに交換可能。
ここを替えると、よりスムーズなドラグの滑り出しが期待できる。


ラインローラー。
シマノと違って、溝が切られていない。


エアローター。
強度は20ツインパワー等の金属ローターに劣ると思われるが、なんといっても魅力はその軽い回転フィール。


アルミモノコックボディ。
モノコック化によるボディの有効活用で、大きなギアを搭載。


マシンカットのハンドルノブ。

 

ディテールはざっとこんな感じ。

 

18ステラや20ツインパワーと比べると??

18ステラはともかく、20ツインパワーとは迷う人がいるのでは?と思う。

グダグダ言うのもあれなので、結論言っときますわ。

19セルテートのがおすすめ。(実用性なら)

確かに僕はシマノの方が好き。これは間違いない。
けど客観的に見たら19セルテートの実用性は半端じゃないと思います。
実用性を考えたら19セルテートに軍配。

巻き上げの軽さ
19セルテート>20ツインパワー

巻き心地
20ツインパワー>19セルテート

巻き出し、止めの軽さ
19セルテート>20ツインパワー

よくスピニングで重要視される性能を比べるとこんな感じ。
ドラグに関しては、20ツインパワーの情報が不足しているので言及は避けておきます。

ただし

趣味なので実用性だけでは語れないところがあって、「釣りする時間」の質を高めてくれるのは20ツインパワーだと思ってます。
巻き心地だけじゃなく、実釣に関係ない各部操作感も19セルテートを上回っていると感じます。
で、別に20ツインパワーに実用性がないわけでは決してない。

実用性の19セルテート。
質感の20ツインパワー。

こんなイメージです。
正直、両者のリールに違いはあれど、好みで選んで問題ないほど小さな違いです。
見た目で選んでも全然OK!というか見た目で選んだ方がええですわ(笑)
格好良いと思える道具を使うのが1番良いと思います。

半プラボディのシマノ 20ツインパワーを購入したので使用インプレ【20ツインパワー3000MHG】18ステラと比較!20ツインパワー3000MHGのインプレ記事です。本記事では20ツインパワー3000MHGの巻き心地やドラグなど、わかりやすく点数をつけてまとめています。18ステラとの比較も掲載しているので、購入検討されている方は必見です。...

 

では、各項目に点数をつけながら19セルテートLT3000-CXHを見ていきましょう。

【見た目、デザイン】3.5点
飽きがこないデザイン。
シンプルで長く愛用できそうですが、目立つ個性はない。

【巻き心地】4.8点
とにかく巻き上げが軽い。
ただ、駆動方式やローター重量などの問題で、巻き心地はシマノ系の勝利です。
19セルテートが素晴らしいのは、巻きの軽さの方。
念のために言っておきますが、巻き心地もめちゃくちゃ良いですよ(笑)

【剛性感】4.8点
巻きが軽いので「強いリールだな」と思いにくいかもしれないが、魚の負荷が掛かってもグリグリ巻いてこれるのは、強い証拠。
チヌの引きはバスを上回りますが、その負荷がかかりながらも寄せてこれます。

【軽快感】4点
確かに自重はそこそこあるものの、軽量ローターが効いていて、ワームの釣りや止めを多用するようなプラグの釣りにもバッチリ対応できる。

【ドラグ】3.8点
悪くはいんですが、舌が肥えすぎているのか、出だしが少し硬い気がする。
まぁイグジストに比べるとってだけですが、、
ドラグにベアリング追加ができるので、気になるなら改善するのもありです。

【価格とのバランス、コスパ】4.5点
軽い巻きと軽いローターで最高の汎用性、更に強いボディで長持ちするので確実にコスパがいいと言わざるを得ない。

19セルテートLT-3000CXH【総合評価】4.8点

値段を考えると18イグジストより評価点は高い。

今後、19セルテートはチニング、シーバス、バスあたりで活躍してもらおうと思います。
とにかく軽い巻きが気持ちいい。

ちなみに何故「巻き心地」じゃなくて「軽い巻き」って表現をしてるかっていうと、シマノの方が巻き心地はいいからです。(※セルテートも巻き心地はいい)

20ツインパワーとの比較でも触れましたけど、しっとり重厚感のある巻き心地を味わいたいなら19セルテートは違います。

(巻き心地はいいけど)それよりも実用性に振ったのが19セルテート。

ダイワとシマノを比べると、いつも同じ感想になります。
両社が何を重視しているかの違いだと思います。