ロッドインプレ

ヘビキャロにもビッグベイトにも!ワールドシャウラ1754R-2はヘビーバーサタイル決定版だ!【長期使用インプレ】

今回はワールドシャウラ1754R-2について書きます。

この1754R-2は前モデルの青verと現行の赤verが存在します。
違いにも触れながら進めていきます。

1754R-2はめちゃ好きなので、インプレ動画も過去に作ってます。
こちらも参考になると思うので、是非観てください。

【特徴】
長さ7ftで自重150g。Rテーパー。2ピース。
ルアーの許容範囲は15〜80g。
グリップ30cm越え。

ヘビキャロにもビッグベイトにも!ワールドシャウラ1754R-2はヘビーバーサタイル決定版だ!【長期使用インプレ】

タイトルにある「バーサタイル」ってことなんですが、大きめの高比重ワームあたりから尺ワンまでキャスト出来ます。
尺ワン使いこなすには柔らかいと思うんですが、超ド級ルアーを許容範囲80gまでのロッドで普通に投げられること自体が異常なわけです。

ドンピシャなところでいうと、5/8oz〜3ozぐらいかなと。
重い巻物とかKLASH9クラスのビッグベイト、8〜12号ヘビキャロやNZクローラーとかの重量級トップにマッチします↓

青モデルと赤モデルの違いですが、

青は昔のロッドって感じで、重くてもっちりしてます。
赤はシャープで軽いです。(シャープなのを硬いって思う人もいると思う)

赤はシャープですが、ポイズンシリーズのシャープさに比べたら全然もっちりしてますよ。
ポイズンのシャープ度が10だとするなら、ワールドシャウラは6ぐらいです。
↓奥が青の1754R-2

ロッド自体はクセのないレギュラーテーパー。
本当に3番がそのまま硬くなった感じです。

では各部みていきましょう。

【見た目4点
コルクストレートを採用したモデル。
クラシックな感じが好きです。ブランクスの色は最新の1703Rとかの方が好きです。

【キャスティング5点
5/8oz〜3ozぐらいなら意のままに投げられる。大きめのリールと合わせて、後半の伸びを活かせば、このロッドと相まって高次元な飛距離を稼げます。
もちろん硬いので1/2ozぐらいからコントロール効きにくくなる。この辺も使用したい方は要注意。軽いけど普通に剛竿ですw

【操作性】3点
ここは長さが仇になってる。適正なルアーを使っているなら、硬さはちょうど良いはず。
操作性を求める場合、1704Rを選んでください。

【食い込み、乗りのよさ】4点
これも適正なルアーを使っているという前提つきですが、なかなかに良い。
ワールドシャウラに共通しますが、低水温期のショートバイトは苦手かもです。
↓近距離でのスイムジグのバイトを乗せる動画です

【フッキング】5点
遠距離やディープでもしっかり決まります。
綺麗な曲がりかつ強いので、フッキングのコツもいらず、太軸フックでブチ抜けます。
これを活かしてガード付きスイムジグとか最高ですよ。

【バーサタイル性】5点
使用できるルアー範囲はものすごく多い。
ワールドシャウラの3番と使えるルアーがかなり被っているが、重いルアーの使用頻度や柔らかさが必要なルアーが自分のローテーションにあるか。などを考慮して使い分けるといいだろう。

全部使った!ワールドシャウラ1703R-2を青、赤、超赤、全て買った人のインプレ記事【シーバスにはどう?】ワールドシャウラ1703R-2のインプレ記事です。本記事ではワールドシャウラ1703R-2のキャスト性能や操作性など、わかりやすく点数をつけてまとめています。購入検討されている方は必見です。...

3番に同じような長さがないのがしんどいが。。

ワールドシャウラ1754R-2【総合評価】5点

若干、贔屓も入ってますが最高のロッドで間違いないです。

同じ4番だと17114R-2(もちろん所有)があるので、迷ってる人もいるかもしれません。
17114Rは全体のバランスや投げやすさなどが1754Rより洗練されてる印象があります。
が!大差ではないので、ここは見た目や長さの好みで選ぶのが正解です。

ワールドシャウラ17114R-2のインプレ。琵琶湖の行く人には超絶オススメな1本。ワールドシャウラ17114Rのインプレ記事です。本記事ではワールドシャウラ17114Rのキャスト性能や操作性など、わかりやすく点数をつけてまとめています。購入検討されている方は必見です。...

使用感で青モデルのような古さは感じず、最前線で活躍できるロッドだと確信してます。